C O M M E N T    T R A C K B A C K    C A T E G O R Y    L I N K    P R O F I LE  
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.08.21 Monday

名刺のリメイク-1

やっと! ようやく、名刺をリメイクしました。
名刺は、自分で作っています。
色を変えたり、写真を更新したり、容易にできます。

が、やるにはそれなりの準備が必要で、ついつい後回しにしてしまいます。

で、やっと! ようやくできました。
これです。

名刺1

5色、作ります。
隣にも同じものを並べて、10枚です。
A4の紙に印刷します。

裏は・・・、次回にします。




2017.08.19 Saturday

現場打合せ/詳細を納める!

現場打合せに行ってきました。

私(監理)とハウスメーカーの現場担当者と大工棟梁、の3人。
いろいろな部分の詳細を決めて行く打合せ。
これが「楽しい!」のです。

相手の技量にもよりますが、互いにレベルが高いと楽しい!
質問に答えながら「お客さんが何を望んでいるか」「全体としてどうありたいか」を伝える時間。
「図面の全てをお客さんと共に煮詰めてきた」私と、「お客さんの要望に沿って納めたい」現場をつなぐ時間。

図面には詳細に渡る記述はあるが、それを踏まえて現場での最終調整。

てきぱきと、多数の項目について伝える事ができた。
今後も楽しみです。



2017.08.17 Thursday

建築士が教える「CAD検定」教室/受講者募集!

「CAD検定」は、あまり知られていないが、CADを勉強するのには重宝します。

最初のハードルは「どのCADにするか」ですが、この教室では次の3つのCADに対応できます。
「Jw_cad」「VectorWorks」「Autocad」
それぞれの特徴を体験できます。

「Jw_cad」は無料のソフトですから人気は高いのですが
操作性の良さは「VectorWorks」
かつて普及率の高かった「Autocad」も無視できません。

「CAD検定」からは遠ざかりますが「3Dマイホ」という優れもののソフトも体験できます。

50分千円/@設計事務所/曜日と時間は相談に乗ります。
2人から、と言いたい所ですが、独りでも構いません。
パソコンもソフトもこちらで用意しますから手ブラ受講が可能、もちろん持込みPC歓迎。

011-261-1979 横山まで



2017.08.15 Tuesday

来年の家づくり/予備知識-6

予備知識の「3」は、車庫・カーポートの話。

組込み車庫>独立車庫>カーポート>カースペース

の順番で費用がかかります。
建ぺい率の関係で「組込み車庫」を検討するのは正しい手順ですが、思った以上に面積が必要となり
1階の他の部分の面積が小さくなり「車庫のための住宅」になりかねません。

北国まどり でも触れる事になりますが、「組込み車庫」と他の部分の断熱に工夫が必要になります。
特に、「組込み車庫から住宅部分に出入りする」場合は要注意。
出入口の「戸(ドア)」は断熱戸、高低差の解消に階段が数段必要です。

住宅展示場に持込まれる相談案件では、未解決だったり、説明不足だったり、しています。

「独立車庫」は、地震対策に有効な「壁量」が不足している場合が見受けられます。
「木造ラーメン構造」も視野に入れて、良好な構造計画ができる人は少ないのかもしれません。

「カーポート」は「屋根と柱」だけの既製品の事を言う場合が多いと思います。
積雪荷重も計算に入れた商品が増えてきました。
計算上は「クリア」していても華奢で、簡単に揺れる商品が多いようです。



2017.08.13 Sunday

来年の家づくり/予備知識-5

予備知識の「2」は、ローンの話。

最初に「固定金利 vs 変動金利」は「固定金利」がお勧め。
ところが、そのつもりで銀行へ行っても「変動金利」を勧められる。
「プロが勧めるなら・・・」と思ってはいけない、銀行員は銀行のために働いているのだから。

私にとってはどちらでも良いので、強くは勧めませんが「固定金利」でしょ、今は。

固定金利と言えば「フラット35」ですが、「フラット35」が「フラット」ではないという話はご存知かな?
金利優遇メニューがあって、5年(あるいは10年)優遇メニューを選ぶ事ができる。
ここまでは「固定金利」と言って良いでしょう。

私にとってはどちらでも良いので、強くは勧めませんが「5年優遇メニュー」を勧めます。

次に「元金均等 vs 元利均等」は「元金均等」がお勧め。
ところが、そのつもりで銀行へ行っても「元利均等」を勧められる。

「元金均等」の方が「元利均等」より、100万円程度得(支払利息総額の差〜借入金1000万円に対して)。
一方、「元金均等」の方が「元利均等」より、当初支払月額が多いので負担感がある。
つまり、「元金均等」の当初支払い月額(やや高め)で、借入限度額を決めるのが健全な資金計画。

借入限度額は  毎月返済額×(4〜5)<収入月額  で判断される。

私にとってはどちらでも良いので、強くは勧めませんが「元金均等」を勧めます。


予告!
1.土地購入の予備知識
2.住宅ローンの予備知識
3.車庫・カーポートの予備知識
4.屋根と雪対策の予備知識
5.設計分離の予備知識


Powered by
30days Album
PR