「住まいの建築家/クロスト-ク」落雪屋根・・・

2018.02.24 Saturday

0
    既に紹介した写真は、どちらも札幌ではありません。
    札幌でなくても、札幌と同様の「縛り」があると考えて設計してきました。

    札幌での事例も、少ないけれどあります。
    つまり、雪を落とせる程の「七地の広さ」が必要なので実現が難しい訳です。

    真駒内



    「住まいの建築家/クロストーク」落雪屋根・・・

    2018.02.22 Thursday

    0
      落雪屋根にできるケースは少ないのですが・・・
      この家も落雪屋根です。

      滝川




      「住まいの建築家/クロストーク」落雪屋根も・・・

      2018.02.21 Wednesday

      0
        札幌の雪は、それほど(報道で見聞きする程)の量ではありません。
        が、毎年・毎年、それぞれ苦労してます。
        木造住宅でも屋根に雪を載せておく事が多くなりました。

        札幌の場合、積雪量は1.5mを前提に構造部材を決めています。
        1.5mもの雪を載せたままの屋根を、実際に目にする事はありません。
        多くの場合は太陽熱で解けるからです。

        でも、この頃の天気は「何が起こるかわかりません」ので油断はできません。

        大量の積雪で知られる「ニセコ」の店舗併用住宅を設計した際は「落雪屋根」を提案し採用されました。
        妻側(落雪しない面)に出入口(玄関)を設けました。
        写真を紹介しておきましょう。

        ニセコ



        住まいの建築家/クロスト-ク 2名でのクロスト-ク?

        2018.02.20 Tuesday

        0
          3名での クロスト-ク と思っていたが、1名欠ける事になった。
          いろいろあるのですよ、零細企業ですから。

          2名で始めようと私は思っています。

          1名だと「クロスト-ク」にならないが、2名なら可能でしょう。
          当面、Webが中心ですから、スタ-トしてしまおうというのが私の判断です。
          「クロスト-ク」にこだわらず、一方的な情報発信も「アリ」だと思っています。

          住まいの建築家/独り言 になっても良いから「情報発信」しなくっちゃ、という思いが強いのです。
          ま、とりあえず2人でやりますけど・・・。




          ハウスメ-カ-に 見積依頼

          2018.02.19 Monday

          0
            明日、ハウスメ-カ-に 見積依頼します。
            図面が やっと できました。
            正確に言うと、まだできていませんが・・・。

            本日、頑張って完成させます。

            正確には、構造図以外の図面を・・なのですが。
            構造図は見積の誤差が少ないので、後回しになってしまいました。
            ま、下書きはできておりますので、詳細のチェックを後回しにしたのですが。

            とは言え、お客さんへの説明もあるので来週の同じ曜日に「説明と図面渡し」をします。

            見積には普通2週間以上かかりますから、見積の「アップ」の日付には影響しないと思います。
            ま、希望的観測ですが・・・。