完成写真(薪ストーブのある家)

2012.03.21 Wednesday

0
    こんな事も出来るんですね。
    NIKON ONLINE GALLERYに「薪ストーブのある家」というアルバムを作ってみました。

    薪ストーブのある家


    ストーブの火入れ

    2011.11.11 Friday

    0
      ストーブの火入れに立ち会って来た。
      ストーブ屋さんが薪を持参で来ていろいろ説明しながら「焚いて」くれる。

      手順通りにやれば、焚ける、という事が確認できた。
      住み手とともに、最初に経験しておくと良いと思う。
      この頃は、燃えないケースが少なくないのだ。

      通常、煙突からは冷気が下向きに流れている。
      冷気は下へ、暖気は上に、というのが物理的原理だ。
      ストーブが燃えるためには、煙突内に上向きの気流をつくる必要があるのに、住まいの気密性能がそれを邪魔するのだ。

      で、どこか近くの窓を開ける、のが「手順1」だ。
      前々からそう思っていたが、今回ストーブ屋さんがそうしていたので確信を得た。
      煙突から生じていた下降気流が止まるのだ、窓を開ける事で。

      で、火をつける。

      すみません中断します。
      この続きの話と写真を、改めてアップします。

      ご主人の意見

      2010.08.12 Thursday

      0
        T邸は3間×5間の15坪住宅だ。
        総2階なので30坪だ(正確にはもう少し大きい)。
        奥様と打合わせているが要所要所でご主人に登場願っている。

        基本的には、このような打合わせ方はしない。いつもはご夫婦一緒に打合わせる。
        何故なら、一緒に打合わせないと2人の意見が食い違った場合大変な目に遭うからだ。
        例えば、「奥さんがやりたい事」は「ご主人がやりたい事」と必ずしも一致しない。時には正反対の事もある。

        だからいつもは、ご夫婦の意見が一致するような案を二人との打合せの中で提示し、二人ともが気に入るよう調整して行く。二人で話し合っても解決しない事も、私という設計者を介する事で解決しやすくなるようだ。
        その司会進行役が、私は好きだし、結構役に立っていると思う。

        今回はご主人が単身赴任中。奥様と打合わせているが、奥様のお母様にも参加してもらっている。
        だからにぎやかだ。これが良い。

        1対1だと、会話が対立的になる恐れがあるのだ。そうならないために誰かいた方が良い、と私は思う。
        母上、娘、お友達。誰でも良い。一緒にわいわいできる方が楽しいし、本人が決めやすい、と思うのだ。
        私は、本人が決めるための手がかりとヒントを提示する係だ。

        という調子で、母上を交えにぎやかに打合わせているのだが、要所要所でご主人に登場してもらう。
        これが、なかなか良い。
        中間報告的に、今の状態を説明する所から始め、そのうちご主人の方から「こうした方が良いのじゃない?」
        と言い出す。それが、また良い。

        私としては「変更しろ」と言われている訳で仕事が増える訳だが、たいていご主人の意見を取り入れる側の訂正に応じることになる。
        もちろん、訂正しない方が良い場面は丁寧に説明し、たいていはわかってもらえる。
        奥様も私も少し迷っている点をご主人が気づき、ヒントを出してくれるのだ。

        今回も、大きな変更になったが、良くなったと思う。というか、良くする。
        すぐに絵ができるから、次回は絵で報告する。
        1