「糸杉?」

2012.06.15 Friday

0
    外構のデザインをしている。
    街で見かけた「糸杉?」を話題にしようと思い、少し調べてみた。
    まず、姿形だ。
    糸杉1
    糸杉2
    ネットで調べると「ウスカワアリゾナイトスギ」という名前がわかった。
    ここで悪い予感。名前と写真からわかる事がある。
    アリゾナ、とあるので寒冷地には不向きではないか、ということ。
    写真にも枯れている箇所が写っている。

    造園屋さんに聞いてもらうと、予想通りの結果。

    という事で、話題にはするが採用はしないだろう。

    フロアスタンド

    2012.06.02 Saturday

    0
      家が出来てからも、いろいろと相談にのる事になる。
      住み手と親しくなっているし、何が好みかもわかって来ているし、結構役に立つのだ。
      役に立つ事が、うれしいし。

      で、フロアスタンドだ。
      ピアノ用の照明が欲しいと言うから、こんな情報提供をする。
      まず、アルコライト。
      アルコライト
      格好良いので、どこかで使ってみたいと思っていた。
      でも、高いし、重い(65キロ!)し、たいてい実現しない。
      で、こっちになるのではないかしら。
      フロアスタンド
      パナソニックのカタログからのスキャンデータ。
      これだって結構高い。

      住宅建設現場

      2011.11.29 Tuesday

      0
        毎週のように現場へ行く。
        監理という立場だから当然なのだが、現場へ行くと必ず何かが起こっている。
        現場が、打合わせた事と違う状態になっているのだ。

        指摘するのが仕事なので、指摘する。
        現場の担当者に「指摘する」のが監理の仕事。
        その指摘に「応じる」のが現場の担当者の仕事だ。

        図面が相当枚数ある現場は、現場の担当者が優秀な場合が多く、指摘すると速やかに応じてくれる。
        正確に言うと、現場担当者は自身が気がつかなかった事を恥じ、指摘に感謝する場合が多い。
        そういう役割分担なのだ、わかりづらいけど。

        ハウスメーカーの中には「監理者が現場へ行かない」ところがあり、驚かされる。
        「現場の担当者が代わりをこなす」と言うが「それは違う」と私は思う。
        現場は現場の都合で動き、それは悪い事ではないが、そのため、時に「住み手の希望を優先しない」事があるのだ。

        「現場の担当者は監理の代わりをこなせない」のだ。
        だから、監理という役割を定めて(法的に!)いるのだ。

        誰が「監理」するのか、どのような「監理」をするのか、は事前に良く確認しておくべき事に一つだ。