C O M M E N T    T R A C K B A C K    C A T E G O R Y    L I N K    P R O F I LE  
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.06.29 Thursday

「北国間取の育て方」-4

この教室は、受講者に対しての情報提供が主たる目的ですので、家づくり進行中の人も受講できます。

「ハウスメ-カ-と打合せを進めている」という人も「設計事務所との打合せを進めている」という人も可。
「どこなの?」なんて事は聞きません。

「有料」なのは、受講料に見合った価値の情報提供をするためです。
価値観は、人それぞれですから、期待に添えない事もあるかも知れませんが。

「格安」なのは、気軽に受講して欲しいから。
皆さん忙しいようで日程調整が、最も難しいですね。
私は、結構ヒマなんですよ。

「情報の質」は、保証します。

家づくりに関わって30年以上、100軒程の庶民の家の設計・監理、をしてきました。
「自分の家を慎重につくりたい」という人達との打合せが、大変勉強になりました。
造形や構造はもちろんですが、熱・空気・光などもオロソカにできません。

「教え方・伝え方」には定評があります。

教えるのが好きなので、この頃は「教え過ぎ」に気をつけています。
とある大学(短大)で20年程、教えていた(非常勤)事も勉強になりました。
若い世代との接点があった方が、話題がソフトになりますね。


2017.06.28 Wednesday

「北国間取の育て方」-3

1回目の授業は、ソフトの使い方を学びます。

「3Dマイホ-ムデザイナ」は、初めての人も楽しめるソフトです。
「VectorWorks」「Jw_cad」を使っての授業もできます。
「3Dマイホ-ムデザイナ」で、思いつくままに間取を作り「ソフトに慣れる」のが最初の授業です。

2回目の授業は、敷地を想定し車を置いてみます。

車対策と雪対策、屋根の雪の事も話題にします。
間取作成の際に「屋根の形」を意識するのが「北国間取」です。
で、玄関です。

玄関だけでも検討すべき事はたくさんありますが・・・。
あまり多くを語らずに、居間、食堂、台所など、配置します。
「部分」より「全体」を優先します。

部分的検討も大切なのですが、全体構成こそが間取の醍醐味ですから・・・。

少し強引に、全体を作り込み立体化を楽しむよう誘導します。
3回目からでしょうか「北国間取の育て方」らしくなるのは・・・。




2017.06.27 Tuesday

「北国間取の育て方」-2

間取づくり は デザイン です。

当然ですが 間取は立体になって初めて意味を持ちます。
「間取は良いのだけれど・・・」という言い方は、単なるダメ出しです。
立体になる事を意識しながらの間取づくりを「間取の育て方」と名付けました。

間取づくり は 気候 に左右されます。

当然ですが 室内環境は気象条件に左右されます。
北国間取は 北国特有の気象に左右されます。
寒さ対策に 重き が置かれます。

「1対1」か「2対1」で対応します。

丁寧に伝えるには 少ない人数が良いに決まっています。
できるだけ 受講者の都合を優先した予定を組みます。
私の予定は、かなり自由に設定できます。

間取作成ソフト(3Dマイホ-ムデザイナ-)を使いますが、使わなくてもできます。



Powered by
30days Album
PR