「家づくり営業マンと狭小住宅など」-4

2017.05.17 Wednesday

0
    「狭小住宅」は、興味深いテーマですが「家づくり営業マン」には荷が重いのでは?
    そんな時「難しいですねぇ」と言い、結論を出さずに「間取教室」に来て下さい。
    解決できるかどうかは解りませんが、解決のヒントを示す事はできます。

    「こんな考え方はどうでしょうね」と言いながら「探りを入れる」キッカケになるはずです。

    家づくりは
     1.幅広くいろんな考え方を示す段階(3案提示段階)
     2.気に入りそうな方向を掘り下げる段階(第4案提示段階)
    という段階を踏む必要があります。

    「役に立つ営業マン」になるため、設計士の力も上手に利用して下さい。

    ちなみに私は「設計士」。
    多くの設計士と違う所は「お客さんと直接打合せる設計士」だという所。
    「お客さんと直接打合せる設計士」が、どれほど少ないのかは知りませんが・・・。

    「狭小住宅」は「お客さんとの直接打合せ」と「手早い図面化」が必要です。

    「手早い図面化できる設計士」が「営業マン的スキル」をマスターするのが良いか
    「家づくり営業マン」が「手早い図面化」をマスターするのが良いか

    どちらも(営業マンも設計士も)頑張らないと「狭小住宅」は上手く行きません。

    お客さん自身が「狭小住宅」の間取を作成するのが、最良かも知れません。
    「間取教室」は、誰でも受講できます。営業マンも、設計士も、お客さんも!
    ほぼ、マンツーマン、50分千円です。



    スポンサーサイト

    2018.01.18 Thursday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL