C O M M E N T    T R A C K B A C K    C A T E G O R Y    L I N K    P R O F I LE  
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 来年の家づくり/予備知識-4 | main | 来年の家づくり/予備知識-6 >>
2017.08.13 Sunday

来年の家づくり/予備知識-5

予備知識の「2」は、ローンの話。

最初に「固定金利 vs 変動金利」は「固定金利」がお勧め。
ところが、そのつもりで銀行へ行っても「変動金利」を勧められる。
「プロが勧めるなら・・・」と思ってはいけない、銀行員は銀行のために働いているのだから。

私にとってはどちらでも良いので、強くは勧めませんが「固定金利」でしょ、今は。

固定金利と言えば「フラット35」ですが、「フラット35」が「フラット」ではないという話はご存知かな?
金利優遇メニューがあって、5年(あるいは10年)優遇メニューを選ぶ事ができる。
ここまでは「固定金利」と言って良いでしょう。

私にとってはどちらでも良いので、強くは勧めませんが「5年優遇メニュー」を勧めます。

次に「元金均等 vs 元利均等」は「元金均等」がお勧め。
ところが、そのつもりで銀行へ行っても「元利均等」を勧められる。

「元金均等」の方が「元利均等」より、100万円程度得(支払利息総額の差〜借入金1000万円に対して)。
一方、「元金均等」の方が「元利均等」より、当初支払月額が多いので負担感がある。
つまり、「元金均等」の当初支払い月額(やや高め)で、借入限度額を決めるのが健全な資金計画。

借入限度額は  毎月返済額×(4〜5)<収入月額  で判断される。

私にとってはどちらでも良いので、強くは勧めませんが「元金均等」を勧めます。


予告!
1.土地購入の予備知識
2.住宅ローンの予備知識
3.車庫・カーポートの予備知識
4.屋根と雪対策の予備知識
5.設計分離の予備知識


2017.08.21 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR