エコポイント対象住宅証明書

2012.03.17 Saturday

0
    新築住宅のエコポイント対象認定がないとエコポイントがもらえなくなる。
    最近の家づくりには様々な手続きが増えた。
    「確認申請」「設計検査申請」「エコポイント対象認定申請」「性能評価申請」etc.

    「確認申請」は絶対条件だが、他は必要に応じてだ。
    建てる本人(建築主)が勉強してると良いが、そうでない場合は心配になってしまう。
    私の立場は建築主との契約だから徹底的に建築主が有利になるように対応するが、他の場合は微妙なんだろうな。

    ま、余計な事かもしれないけど。
    そもそも、ハウスメーカーに設計も施工もまとめて依頼してしまう「お人好し」の気持ちが私には理解できない。
    第3者を加えるかどうかは、その人の社会観なので、簡単には変わりようがないが。

    金銭的「お人好し」は悪い事ではないし、おかげでハウスメーカーは潤っているし「お人好し」が満足しているなら「問題」はない。
    「気がつかない」ということは「問題がない」という事なのだろう。

    エコポイントの話をしようと思っていたのだった。
    認定申請は設計者がやった方が良いがポイントの清算手続きは施工者がやっと方が良い、と私は思っている。
    違うかしら?

    スポンサーサイト

    2018.06.18 Monday

    0
      コメント
      こんにちは。
      ハウスメーカー勤務 fと申します。

      エコポイント申請は、会社(私)が
      しています。
      即時交換か、商品か、希望を確認しつつ
      です。

      建主さんで、エコポイントについて詳しい方は、皆無でした。今のところ。

      国の制度はよく変更になるので、勉強しないと...と感じています。

      また

      設計をどこに頼むかという件ですが、
      建主さん自身に、ハウスメーカーしかないと
      考えて(思い込んで)いる方が多いです。

      ハウスメーカーにとっては、都合の良い現実です。一方、本当の家づくりをハウスメーカーでできるのか?と問われたら、弊社では、
      できない、か、それなり、になります。

      家を建てるならハウスメーカーという、
      常識が、何年も続いているからでしょうか。

      本当の家づくりを目指す建主さんは、
      信頼できる建築家さんへ、依頼するのが、
      最も安全で、確実なやり方と思います。

      何をもって信頼、というかは、難しいですが、いろいろと話して、過去の実績などを見たり聞いたり、するしかないでしょう。

      ある方にとっては、信頼できたり、また別の方にとっては信頼できなかったり...。

      お互いに信頼関係を作る為には、建主さん自身にも、もちろんハウスメーカーや、設計事務所の方にも、努力と時間がいると思います。

      信頼できなければ、依頼しなければよいのですから、失敗を恐れずに、まずは、コンタクトをとってみる のがオススメです。

      実は、ハウスメーカーや、設計事務所の方々も、いくらお客様でも、あ、この方は信頼できない、あるいは、危険な香りがする、と第六感や経験でわかるものです。

      ケースバイケースですが、本当の家づくりをしている専門家の方ほど、そのあたりはシビアだと思います。

      家づくりは、生涯の大事業ですから、
      信頼関係が築けないなら、パートナーにはなれないし、信頼関係ができないまま進むことのほうが、お互いに危険だし、不幸になりえます。

      と...勝手に考えています。


      私はハウスメーカーの立場ですから、
      今ある状況やスタッフを最大限に生かして、
      満足していただく家づくりに取り組んでいく
      覚悟です。

      勉強することは、宇宙の広さのようにあるような感覚です。

      がんばります。

      f.t











      • by f
      • 2012/03/19 11:35 AM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL